美肌 スキンケア

朝食は柑橘系が肌にいい?
レモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類にはビタミンが豊害に含まれています。ビタミンはメラニン色素の生成を抑えコラーゲンの合成を促進する美肌に効果的な栄養素です。だから柑橘類は肌によい食べ物なのです。

しかし大量に食べた後に紫外線に当たるとなると話は別。柑橘類にはソラレンという物質がほんの少しですが含まれています。このソラレンには紫外線を吸収するという作用があるので、大量に摂取した後に紫外線を浴びるとしみができやすくなるのです。
ソラレンはジャガイモの芽に含まれる毒素として知られているが、柑橘類以外にもジャガイモ自体やナスなども含まれているのです。昼間はどうしても紫外線を浴びることになるのでこれらの食品は朝食ではなく、夕食で食べた方が美肌には効果的です。

スポンサードリンク
ページTOPへ


美肌スキンケアTOPへ
2008(C)正しいスキンケア方法で美肌になる