美肌 スキンケア

コラーゲン入りの食品にはシワ予防の効果がある?
たんぱく質の一種であるコラーゲンは胃や腸で分解されるとアミノ酸になります。アミノ酸はそれぞれの細胞でコラーゲンを合成する大事な材料になるので、コラーゲンを食べれば真皮のコラーゲン合成量が増え、しわができにくくなるのです。
もちろんコラーゲン以外のたんぱく質も、体内でアミノ酸に分解されて同様の働きをしているので、たんぱく質ならコラーゲンでなくてもしわ予防の効果はあります。

では、非コラーゲンたんぱくを食べたときと、コラーコラーゲンたんぱくを食べたときとでは、体内のコラーゲン合成量は変わるのでしょうか?
実はこれについてはまだくわしくわかっていません。しかし、コラーゲン由来のアミノ酸のほうが他のたんぱく質由来のアミノ酸よりもコラーゲン合成率が高いという実験結果もあります。いずれにしても、コラーゲンをはじめとするたんぱく質は美肌には欠かせない栄養素ですので積極的に食べるようにしましょう。また、コラーゲンと一緒にビタミンCを摂ると合成されるコラーゲンの量が増えるので野菜や果物などと一緒に食べるといいでしょう。

スポンサードリンク
ページTOPへ


美肌スキンケアTOPへ
2008(C)正しいスキンケア方法で美肌になる