美肌 スキンケア

コラーゲンを塗ると肌がツヤツヤになる?
コラーゲンはタンパク質の一種で、皮膚、骨、軟骨、血管などを作るのに重要な役割を持っています。特に皮膚の真皮に多く含まれていて、ハリのあるみずみずしい肌には欠くことのできない成分なのです。

そんなことからコラーゲン入りの化粧品なども多く売られていますが、実はコラーゲンはそのままでは皮膚に吸収できません。理由はコラーゲンの分子量の大きさ。コラーゲンの分子量が30万程度であるのに対し、皮膚に吸収される物質の分子量はせいぜい1000までなのです。わかりやすく言うと、針穴にサッカーボールを押し込むようなものなのです。だからコラーゲンをそのまま塗ってもとうてい肌にはしみ込みません。コラーゲン入りの化粧水などはさわったときの感触がぬるぬるしているので、肌に塗るとつややかになったように感じますが、しかし実際はそのような感じがするだけなのです。肌に塗るのなら、コラーゲンをペプチドやアミノ酸レベルにまで分解している製品でなければ意味がありません。

スポンサードリンク
ページTOPへ


美肌スキンケアTOPへ
2008(C)正しいスキンケア方法で美肌になる