美肌 スキンケア

かかとのカサカサ、水虫っていうこともある?
冬だけならともかくかかとのカサカサが夏場でも治らないという場合は水虫を疑った方がいいかもしれません。水虫というとかゆみのある病気だと思われがちですが、かゆみのない水虫もあります。それは角質増殖型の水虫。このタイプはかゆみのない場合が多いのです。角質増殖型の水虫はカビの一種である白癖菌(はくせんきん)の感染によって起きる皮膚病です。かかとを中心に足の裏全体がカサカサし、皮膚が硬く厚くなり、ひどくなるとひび割れを起こすこともあります。

単純な乾燥が原因でカサカサしている場合は、入浴後にワセリンや尿素入りのクリームを塗って靴下を履いて寝ると次第に改善されるはずです。軽石で擦るのは皮膚が防衛反応を起こしより厚くなる場合があるのでやめたほうがよいでしょう。

一方、水虫が原因でカサカサしている場合は保湿クリームを塗っても効果はありません。なのでしばらく保湿してもカサカサが治らない場合は皮膚科に相談するのがよいでしょう。最近ではブーツの流行などで女性の水虫患者も増えています。「自分だけは大丈夫」と思っていると、水虫がほかの場所にもうつってしまいかねないので注意が必要です。

スポンサードリンク
ページTOPへ


美肌スキンケアTOPへ
2008(C)正しいスキンケア方法で美肌になる