美肌 スキンケア

SPF値が高い日焼け止めなら一度塗れば大丈夫?
SPF値は、「紫外線をどれぐらい防ぐか」を表した数値です。つまり、SPF値が15というのは、何も塗らないときと比べて「15倍の紫外線を浴びた時点で初めて日焼けを起こす」という意味になります。したがってSPF値は高いほど日焼けしにくいということです。

しかし、どんなに効果が高くても、塗った日焼け止めが取れてしまっては意味がない。通常、日焼け止めは一度塗ると5〜6時間は効果があるとされていますが、汗をかいたり、手でこすったりということがあれば当然取れてしまいます。人と話したり笑ったりして顔の表情筋を動かすだけで取れてしまう場合もあるのです。だから現実的には日焼け止めはせいぜい2〜3時間ごとに塗り直さなければ高い効果は発揮できないのです。

スポンサードリンク
ページTOPへ


美肌スキンケアTOPへ
2008(C)正しいスキンケア方法で美肌になる