美肌 スキンケア

しみはレーザーで消せる?
女性ホルモンの影響でできる肝斑(かんぱん)と呼ばれるしみはレーザーでは消すことができません。それどころか、レーザーを照射したことによって逆にしみが濃くなることもあるので注意が必要です。肝斑は額、頬、口の周りなど顔の広い範囲に左右対称に現れるうす茶色のしみのことで、20代後半から40代の女性に多く見られ、紫外線を浴びるとさらに悪化してしまいます。

残念ながら肝斑はレーザーだけでなく、フォトフェイシャルなどの光治療法でも効果があるのは5人のうち 2人ぐらいで、逆にしみが濃くなってしまう人もいます。治療には皮膚美白剤などの配合された医療クリームの湿布、ピーリング、ビタミンCイオン導入、トラネキサム酸の内服・外用などにより行なわれますが、どれも完治には時間がかかります。

また怪我やニキビ跡にできて時間の経ってしまった色素沈着によるしみもレーザーで消せない場合があります。輪郭のはっきりしない薄いしみもレーザーでは消えにくい場合があります。

レーザーが効果的なのは、いわゆるアザのほか、加齢や紫外線によるしみ(老人性色素班)、そばかす、盛り上がったしみ(脂漏性角化症)などです。

しかし、人によっては一度消えた後に再発したり、取りきれず薄くなる程度だったりと必ずしも効果があるとは限りません。

スポンサードリンク
ページTOPへ

次のページへ

美肌スキンケアTOPへ
2008(C)正しいスキンケア方法で美肌になる