美肌 スキンケア

肌の仕組み
表皮ではつねに新しい細胞が生まれ、古い細胞が剥がれ落ちています。これには一定のサイクルがあって「ターンオーバー」と呼ばれている。表皮の「ターンオーバー」は通常約4週間。これは生きた核のある細胞として表皮に存在する期間で、その後、核を失った角質細胞となって皮膚から剥がれ落ちるまでにさらに約 2週間かかるので表皮は約6週間かけて新しく生まれ変わるのです。

「ターンオーバー」で大事なのは規則正しいサイクルで行なわれることです。一つひとつの細胞が十分に成長し健康に一生を終えることができれば表皮にはつねに新しい細胞がきれいに並ぶことになり、古くなった細胞はスムーズに剥がれ落ちるので肌はつやつやとして肌理がそろうのです。またメラニンも古くなった細胞と一緒にきちんと排出されるのでくすみが出にくいです。

しかし30代前半になるとこの「ターンオーバー」が規則正しく行なわれなくなってきます。さらにメラニンやアレルギーの原因物質を肌の外に出すという本来の働きまでが弱まってきます。原因は加齢だけではありません。ストレス・睡眠不足・偏った食生活なども影響します。また紫外線も原因になります。紫外線を浴びると肌は傷ついた部分を修復しょうとして「ターンオーバー」のスピードを速めます。すると未熟なままの細胞が皮膚に並ぶことになり、肌のバリア機能が落ちてしまうのです。
正しいサイクルで新陳代謝が行なわれることが美肌には重要なのです。「ターンオーバー」のサイクルをを整えれば一度失われた「肌理」もちゃんと回復するのです。

スポンサードリンク
ページTOPへ


美肌スキンケアTOPへ
2008(C)正しいスキンケア方法で美肌になる