ジンギスカンダイエットで痩せる|簡単!自分にあったダイエット方法を探す

ジンギスカン ダイエット

ジンギスカンダイエット

■ジンギスカンダイエットとは
肉の中でもヘルシーな羊の肉を食べて痩せるダイエット方法です。

■ジンギスカンダイエットの方法
羊肉にはタンパク質やビタミンB2、鉄分が豊富に含まれていて、その他ビタミンAやB1、ナイアシン、必須アミノ酸なども含まれています。豚肉と成分は似ているのですが、脂肪が少なめで消化によいので、胃腸が弱い人にも食べやすい肉です。
羊肉と言えば、やはりジンギスカン。ジンギスカンなら野菜も一緒に摂れてヘルシーです。羊肉にはラムとマトンがあり、ラムは生後1年未満の子羊の肉、マトンは1〜2歳の羊の肉です。ラムは軟らかく臭みも少ないのですが、マトンは独特のニオイと硬さがあります。なので羊の肉は臭いが気になるという人はマトンよりもラムを選ぶといいでしょう。
ただ、羊肉ならば食べ方はジンギスカンでなくてもかまいません。

■ジンギスカンダイエットの効果
中国では羊肉は血を作る機能を高める作用やカラダを温める効果があることから、冷え性や貧血、生理不順などの女性特有の病気に効果があると言われています。それだけでも女性にはありがたい話ですが、それだけではなく、羊肉には注目のダイエット効果もあります。それは、「カルニチン(L−カルニチン)」が多く含まれていること。カルニチンとは体内に含まれるアミノ酸の一種で脂肪を燃焼させる効果があります。カルニチンは細胞内に脂肪を送り込み、脂肪を燃焼させるためには欠かせない成分です。食品では、羊肉やカツオ、マグロなどに比較的多く含まれている成分です。このカルニチンが不足すると、細胞に脂肪を送り込むことができないため、脂肪が燃焼されず、体内に蓄積されていく一方になってしまいます。そんな理由で、カルニチンを多く含む羊肉は、ダイエット効果があると注目されているわけです。
さらに羊肉は他の肉と比べ、コレステロールが少なく低脂肪という特徴もあります。また体内のコレステロールを減らす不飽和脂肪酸が他の肉に比べて多く含まれている上に、羊肉の脂は体に吸収されにくいという特徴もあります。
このような理由から、羊肉は、ヘルシーな肉として注目を集めているわけです。
また、羊肉料理と組み合わせたいのが緑茶や抹茶。細胞に脂肪を運ぶのがカルニチンなら、その脂肪を運び込まれた細胞を活発に動かすのが、緑茶などに含まれるカテキンなんです。

スポンサードリンク

ページTOPへ


2008(C)簡単!自分にあったダイエット方法を探す